服飾のコンサルタント職人 鵜飼孝次

今回は名駅5-6-13にあるオーダースーツの老舗、尾張屋さんをご紹介します。
尾張屋は2021年で創業95年を迎える老舗だ。
現在、鵜飼孝次さんは三代目に当たるそうです。

以前は履物店だったそうですが、現在は洋品店として営業されております。
1996(平成8)年に洋服店としてOPEN

鵜飼さんの色彩分析や服飾タイプ分析は、アメリカのキャロルジャクソンが創案した「カラーミービューティフル」に学んだ。日本でコンサルタントの資格を持つ佐藤泰子さんに師事したとのことです。鵜飼孝次さんは1991(平成3)年に、日本で男性としては初めてのコンサルタントの資格を取得した。完全予約制の制度を貫く尾張屋は、地元の顧客様、そしてリピートユーザー様に支えられております。
重厚な家具、そして店内はとてもおしゃれな異空間。
さらに近年改装工事も済ませ、撮影も可能な店舗に生まれ変わりました。

今までは男性の洋服、オーダースーツ、紳士靴が主力商品でしたが、現在はウエディング相談、ウエディングドレス制作、着付けや写真撮影など、ウエディングに関するご相談は丸ごとお願いできるようです。
昨今はレンタルウエディングも1度しか着ないのに数十万のレンタル料がかかる時代。
実際仕立てればその金額以下でもドレスを仕立ても可能。
また男性もタキシードを仕立てていただき、式が終わってからスーツに改造してもらうこともできます。
喪服にしていただくこともできるので、リユース時代にマッチしたサービスとも言えます。
写真撮影だけでも可能ということなので、ご興味ある方はご相談していただくとよいかと思います。

合資会社尾張屋本店(尾張屋洋品店)
住所
〒450-0002 名古屋市中村区名駅5-6-13
電話
052-541-0721